1. HOME
  2. SEOブログ
  3. SEO対策
  4. MEO対策でGoogleマップの上位化を目指しましょう。

SEOブログ

MEO対策でGoogleマップの上位化を目指しましょう。

特定のキーワードでGoogleやGoogleマップ検索をすると、検索結果として店舗データが表示されます。

それらは、どのようにして出てきているのか?また、そこに掲載するには、どうすればよいのか?などを、調べたことはありますか?

この記事では、MEO(ローカル検索)対策について説明してまいります。

MEO(Map Engine Optimization)対策とは??

Googleマイビジネスに登録されたビジネス情報を最適化し、より多くのユーザーに表示されるように行う対策のことをMEO対策と呼んでいます。

最適化を行うと、社名検索された際に表示されるだけではなく、Googleマップを開いた際に現在地周辺のマイビジネス情報がカテゴリーごとに表示させることができます。

また、Googleは、駅や都市などの地域名を含んだキーワードで検索した際、検索結果として通常の検索結果よりも上位に表示されるエリアがあります。

この表示箇所エリアは、地図上の検索結果に該当する店舗や施設等が表示されるので、目的の場所を訪問しようとしている人に対して、訴求させることができます。

MEOの施策を行うことにより、このエリアに表示されることが可能になります。

具体的には・・・

「居酒屋  大阪市」や「美容室 梅田」のように、「地域+業種」「最寄駅+キーワード」など実店舗へ集客できるであろうキーワードでGoogle検索を行った場合、検索結果上部にGoogleMap専用の掲載エリアが表示されます。

GoogleMap専用の掲載エリアにはアルゴリズムによって判断され、上位数件の店舗情報が表示されます。

上位に表示させることができれば、店名などを見込顧客に認知させることができ、興味を持って頂ければさらに次のアクションにつなげることが可能です。

こういった店舗情報を、このエリアに入るよう対策を行うことを「MEO対策」と言います。

  • このGoogleMap専用の掲載エリアは、自然検索で上位表示される通常コンテンツよりも上部に表示される傾向にあるため、SEOで店舗のサイトを上位表示させることよりも効果がでる場合もあります。

スマートフォンからのアクセスが見込めます。

パソコンからよりも、スマートフォンからのアクセスが見込めるのが強みです。

  • ユーザーが位置情報をONにしている場合、エリアワードを入れなくても「GoogleMap専用の掲載エリア」が表示されます。

よくあるのが、出先で隙間時間ができた際に、喫茶店やカフェを探しているという時、ユーザーは「喫茶店」「カフェ」などといった、キーワードを入力し検索すると思います。そんな時に、GoogleMap専用の掲載エリアで周辺の店舗が表示されれば来店してもらえる確率が、かなり高くなります。

スマートフォンの検索は年々増加しています。

現在では、スマートフォンを持っていないユーザーは少なく、大半のユーザーがスマートフォンで情報収集を行っている状況です。

ポイント:

  • 検索結果上位に店舗名が表示できるという事は、集客においてとても重要であり、大きなメリットになると言えます。

パソコンからスマホへ

インターネットの検索数は、スマートフォンの普及により爆発的に検索数が増え、どのような情報を得るのにもスマホを使用するという時代になりました。

下記のデータを見てもスマートフォンがどれだけ普及しているのかがわかります。

情報通信機器の普及状況

主な情報通信機器の保有状況/世帯(対象期間:平成22年~平成30年)

※当該比率は、各年の世帯全体における各情報通信機器の保有割合を示す。

スマートフォンを保有している世帯の割合が、約8割まで増加しており、固定電話(64.5%)・パソコン(74.0%)を保有している世帯の割合を上回っている。

引用元:総務省が発表している通信動向調査の資料のデータ

さらに、スマートフォンを利用する上で、Googleサービスの利用率が最も高くなっています。

その中でも、位置情報を調べる際にブラウザではなく、Googleマップを使用する方も多いかと思いますが、Google マップの利用者数は年々増加しており、2018年のアプリ利用者数ではLINEについで 2位。2017年から2018年の間に19%も増えています。

2018年 日本におけるスマートフォンアプリ利用者数トップ10(資料:ニールセン デジタル)

順位 サービス名 平均月間利用者数 増加率(昨年対比)
1位 LINE 5,528 万人 11 %
2位 Google Map 3,936 万人 19 %
3位 You tube 3,545 万人 22 %
4位 Google App 3,465 万人 16 %
5位 Gmail 3,309 万人 17 %
6位 Google Play 3,136 万人  6 %
7位 Twitter 2,875 万人 14 %
8位 Yahoo!Japan 2,670 万人 23 %
9位 Facebook 2,301 万人  6 %
10位 McDonald’s Japan 2,053 万人 18 %

※ Googleは2018年 日本におけるスマートフォンからの利用者数では、1位 6,561 万人。

そんなスマートフォンユーザーの50%がGoogleが提供するローカル検索を利用していると言われています。

ローカル検索とは

ユーザーが現在地付近のビジネス情報や場所を検索すると、ローカル検索結果が表示されます。

例えば、ユーザーが行きたいお店を探すときに、「カフェ 梅田」といったキーワードを入力「利用したいサービス」と「地域」で検索をすると、梅田にあるカフェの一覧が検索結果に表示されます。

ローカル検索結果の特徴は、ユーザーが検索する場所によって掲載順位が変わることで、ユーザーが必要としている情報を提供するといったところにあります。つまり、検索する場所が違えば、同じキーワードであっても検索一覧が変わります。

そして、検索結果画面に表示されている情報が、Google マイビジネスで登録・編集したデータです。

ローカル検索でユーザーにアピールしよう

Googleマイビジネスで登録した店舗情報は検索エンジン上、Googleマップなどに表示させることができます。

ユーザーが来店するまでのプロセスの中には、場所・営業時間・定休日・写真・口コミなど、お店の情報を見て判断をしますので、アピールできる情報は登録しておく必要があります。

基本的に、Googleマイビジネスに登録されていないお店の情報は検索しても、Googleマップ上に表示されませんので、Googleマイビジネスに登録していないお店は、多くの新規集客の機会を逃してしまっているといっても過言ではありません。

まだ登録をしていないという方は、まずは登録してみてください。

Googleマイビジネス登録方法

Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップなど、Googleサービス上にビジネスや組織などの情報を表示できるサービスです。

1から登録することも可能ですし、自然に登録されている店舗情報などは認証を行えば、自分で管理することができ、ブラウザ、アプリから編集可能の無料ツールです。

メリット

  • ビジネス情報のオーナー確認を済ませ、情報を最新に保つことで、オンラインでユーザーに見つけてもらい、ビジネスを紹介することができます。
  • Google マイビジネスを活用すると、Google 検索や Google マップなど、さまざまな Google サービス上にビジネス情報を無料で掲載できます。
  • 常連客や新規顧客とつながることで、ビジネスをアピールすることができます。

Googleマイビジネスをまずは登録したいという方は、下記サイトから登録をすることができます。

Googleマイビジネス

ビジネス登録方法とオーナー確認はの方法などを確認する方はこちらをご覧ください。

スタートガイド

まとめ

MEO対策については、SEO対策 と同様ですが、裏技はございません。

小手先の知識や対策では、Googleマイビジネス上から消されるリスクもございますので、どのような対策を行うのかを考え、どういった内容で更新していくのかを準備して対策していくようにしましょう。

MEO(ローカル検索)対策のご相談がございましたら、ぜひご相談ください。

この記事をシェアする

関連記事

STEP UP SEO SEOご相談は無料!まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お急ぎの方はお電話ください!06-4792-7678電話受付/平日(月~金)10:00~19:00
  • WEBは24H受付中!無料相談はこちら