1. HOME
  2. Google/Yahoo&SEO情報
  3. Google
  4. Googleモバイル検索結果でFlashを使ったスマホサイトには警告メッセージを表示

Google/Yahoo!&SEO情報 GOOGLE/YAHOO!SEOINFORMATION

Googleモバイル検索結果でFlashを使ったスマホサイトには警告メッセージを表示

Googleモバイル検索結果でFlashなどスマートフォン端末で正常に動作しないコンテンツがある場合に警告メッセージを表示しています。

閲覧しようとしたページが自分の端末に対応していないという状況は、ウェブ ユーザーによくある悩ましい問題です。時には、まったく何もないページや大部分が欠けたページが表示されます。

Google は、本日より日本でも、端末が対応していない技術が使われていると思われるページを検出した際には、モバイルの検索結果上にその旨を表示(英語)するようになりました。たとえば、Adobe Flash は、iOS や Android 4.1 以降を搭載したスマートフォンでは表示できません。

このような端末では、大部分が Flash であるようなページは、モバイルの検索結果上で以下のように表示されます。

Flashは、iOS端末とAndroid 4.1以上の端末では再生できません。一部に入っているのならまだしも、かなり前に作成したというWEBサイトで、フルフラッシュで作成しているなんてサイトがありますが、こういったサイトはモバイルのCTR(検索結果でのクリック率 )は0になる可能性があります。

また、ページのほとんどのコンテンツがFlashで構成されているサイトも同様で、スマートフォンユーザーはそのページのコンテンツを利用できないことになりますから、こういったサイトも見直す方が良いですよね。

Googleはユーザー体験を重視していますので、「クリックしても見れないサイトです」という事を、事前に検索結果で通知するようにしたのでしょう。

メインコンテンツにFlashを利用したサイトは今すぐやめることをお勧めします。

費用をかけて作ったから、思い入れがある…という事も言われたりします。しかし、大切にしなくてはいけないのは検索エンジンを使って閲覧しにくるサイト訪問者です。WEBサイトを運用する方々にとってはスルーすべき内容ではありませんよね。

WEBサイトを運用する方々にとってはスルーすべき内容ではありませんよね。Flashのようにスマホでは動作しない技術の採用は一刻も早く置き換えましょう。

関連記事

精華報酬型SEO対策STEP UP SEO お見積りは無料!まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お急ぎの方はお電話ください!06-4792-7678電話受付/平日(月~金)10:00~19:00
  • WEBは24H受付中!無料見積りはこちら